OAKLEY      オークリー












  優れた機能性を約束する テクノロジー

  みずから 決めた過酷な基準を達成するためにオークリーが開発したテクノロジー
  その蓄積とも言えるのが特許の保有数であろう
  たとえば プロ M フレームは 117件もの特許を取得している
  レンズ素材 レンズの角度 フレームやイヤーソクッスなどのパーツ素材。。。
  なかでも レンズ素材には他の追随を許さない特許テクノロジーが満載である
  プルトナイトと呼ばれるこの素材 詳細は極秘ではあるが ポリカーボンの超純粋素材体と
  理解すればいいだろう 超軽量なのに高圧・高速衝撃への耐久性にすぐれ
  なおかつANSI基準を上回る透過度を発揮する
  しかも UV光線を100%遮断するという特性をあわせ持つ
  UVカットなどいまどき珍しくないと思うなら それは大きな間違いである
  通常のサングラスは レンズのコーティングによってUVを防いでいる 
  たとえば レンズにキズが入ってしまったらどうだろう。。。
  そのキズから 有害な光線を眼に入れる事になる
  これに対して オークリーのプロトナイトは 素材自体に有害な光線を防ぐ特性がある
  レンズに穴が開かない限り それらを侵入させることはない
  また 普通のサングラスを掛けて 気分が悪くなることがよくある
  これはレンズ自体に歪が生じてることが 原因である場合が多い
  オークリーは 各工程のファクトリーを自社敷地内に集約させているのも
  レンズ加工時の歪 レンズ装着時の歪 これらの工程を管理するためなのである
  眼を保護すること 的確な視界を確保すること 耐久性にすぐれてること。。。
  これらのたゆまない努力が あらゆるトップアスリートたちに指示されている結果である