999。9      フォーナイン  国産




 


                                                       写真をクリックすると フォーナインコレクションがご覧になれます






            フォーナイン=999。9


            この”ロゴ”は 永遠に 1000にはならない もちろん 毎回1000の自信をもって発表するのだが
            必ず 0.1の反省が つきまとう   また次のコレクションで その0.1を 反省材料として活かしていく
            「1000ではなく いつも999。9の気持ちでいたい。。。」 この気概あるからこそ 進化があるのだろう
            ”0.1”があるからこそ いつまでたっても 眼鏡作りは やめられない




            「眼鏡は 視力矯正器具であること 機能を追求していくと必然的に生まれてくる形があり それが美しいフォルムとなる」と言う
            このコンセプトのもと 独自の眼鏡を次々と発表する  フォーナインズの登場によって 既存の眼鏡フレームは すっかり過去のモノになってしまった 
            これまで ストレートのテンプルが 当たり前のように思われていて 眼鏡は掛けるモノと思っていた
            ところが フォーナインのフレームは 頭部を包み込む=ホールドするという 画期的な掛けゴコチを実現した
            眼鏡を装着した時に ヒトが感じる重量を出来るだけ広い面で受け止め ”チカラ”が 均一にかかる構造にした
            テンプルを R形状にして さらに表面に凹凸をつけることで 程よい弾力性を作り出したのである
            その画期的な構造を進化させたのは ”チタン”である チタンにより R形状に厚みを持たせ ”チカラ”の流れを作るコトが可能になった


            その掛けゴコチの秘密は 重量配分にあるとも言われている  例えば フォーナインと同じ重さの眼鏡は いくらでもある
            同じ重さのフレームなのに 掛けやすさに 大きな差が出る これは ”実際の重さではなく 掛けた時にヒトが感じる重さの違い”
            フォーナインの場合 機能的テンプルによる 横からのホールド性+フレーム自体の重心が後方(耳側)にあるコト=これが 他のフレームと違う


            例えば フチナシフレームでテンプルも 超極細タイプなんかは テンプル部分より レンズの方が重くなり フレームの重心が前方(鼻側)になってしまう
            フレーム全体の重さが鼻の部分に 多くかかってしまって 軽いはずのフチナシなのに ずれやすい眼鏡になってしまうコトが多い
            フォーナインは 作り手主導ではなく あくまでユーザーが必要とする眼鏡を提供するため 工場と一体となり 前を向いて 進歩し続けている




           智(フロント部分とテンプルをつなぐところ)

           眼鏡の心臓部ともいえる掛けはずしに一番負荷のかかる部分 この”智”こそが フォーナインの画期的な機能を生み出している
           負荷を分散・吸収する目的で開発された”R形状”が フォーナインの名を 世間に広めたと言っても過言ではない
           その後 R形状から”逆R形状”に進化し 眼鏡独特の圧迫感を感じさせない掛けゴコチの良さ+程よい弾力性を 実現させたのである


           ブリッジ(左右のレンズをつなぐ真ん中のバー)

           フォーナインの場合 ややデッパリを持たせ厚みがある これは剛性的な面で厚みを持たせてはいるが 細かい部分を見ると違う側面がある
           ブリッジの部分を上から見ると 厚く見えるが 真正面から見ると細く見える これは丈夫にする一面 前から見たときに スッキリ見せるという
           デザイン的な面も兼ね備えている それと デッパリを持たせているのは 鼻からブリッジの間隔をあけるコトによって やや顔のほりが深く見えて
           顔に立体感を持たせている


           パット(鼻にあたる部分)

           小さな部品ゆえ 細心の心配りを施している 眼鏡で顔に直接接触する部分は このパットとテンプルの先(耳に掛ける所)だけである
           それなのに 今までの眼鏡フレームは その 大切な部品を  部品メーカーから調達し 付けていた
           フォーナインは違う   その小さな部品(パットとテンプル先)を 自社開発している それだけ重要な部品である事を確信しているのである
           フォーナインでは パットの部品をポリエステルや成分解性樹脂で5種類の素材+3種類の形状で製作している
           パットメーカーのパットは通常フラットなタイプが主流だが フォーナインではアールを描いた球面設計になっている
           そうする事で皮膚に触れる面積を広くし 圧力を軽減するという働きをしている


           テンプル(こめかみから耳に掛かる部分)

           掛け具合の良し悪しを決める重要な部分である
           フォーナインは このテンプル素材の開発に最大のチカラを注ぎ込んだ
           洋白 ステンレス チタン K18と 色々な素材にチャレンジしてみた
           最後にたどり着いたのが ”ベータチタン”である このベータチタンは
           弾力性に優れた素材で 柔らかさ+コシのあるフィット感を実現するコトができた
           ただ 他のメーカーも ベータチタンに注目していて 数社のメーカーから
           すでに ベータチタンテンプルのフレームは 発売されてる状況だった
           しかし 発売されてるフレームは 素材はベータチタンだが 形状は今までと同じ
           まっすぐで板状の形をしたテンプルだった フォーナインの大きな違いは ベータチタンの
           素材を最大限に活かす形状にある 平面ではない頭部をまっすぐで平らなテンプルでは
           掛けゴコチが良くない。。。 平面ではない頭部包み込む様な カーブのついた形状にしたのである
           頭部を包み込むようにホールドするという新しい掛けゴコチを実現するため
           カーブのついた形状+あたりゴコチのいい厚みのテンプルを開発した
           通常のベータチタンより優れた性質のチタン合金に 400トンのチカラを加えて
           どのメーカーも成し遂げられなかった0.6mm以下の薄さまで プレスするコトに成功
           この画期的なテンプルにより 最上の掛けゴコチが実現したのである


           モダン(テンプルの先端 耳に掛ける部分)

           鼻にあたるパットと同様 このモダンは直接肌に触る部品である
           フォーナインは この部品も自社で開発している 一見すると 他の眼鏡のモダン 比べると 異様に太く大きく見える
           実際 大きいのだが これは眼鏡全体の重量バランスを とるための分厚さなのです
           また フォーナインのテンプルは頭部を包み込むようにデザインされているため
           複雑にカーブを描いてる そのため 今までの様な平面的なモダンでは テンプルの形状に合わない
           この部品でも 立体成形を駆使し 耳に掛けるモダンではなく 頭部をホールドするテンプル+モダンという一体成形を開発したのである





  スタッフ評  
            機能性 掛けゴコチは 世界でも トップレベルだと 思います
            デザインも 機能性や掛けゴコチを追求して 生まれてくる
            機能的な作りの延長上に デザインがあるというコンセプトで モノ作りがされているような気がします
            でも なかなか壊れないんですよ このフレームは。。。ちょっと 眼鏡屋泣かせかも



            当店では フォーナイン設立当時から取り扱ってますが こんなに メジャーになるとは ビックリです
            フォーナインズが 初めて出展した展示会で たまたま めぐり会った?感じです
            その展示会に来てた 仲のいいメーカーさんが 「全く無名やけど いい商品を作ってるメーカーがあるし ちょっと 見に行こ。。。」
            そして そのブースに行くと。。。全く ヒトがいない 他のメーカーのブースには いっぱいヒトがいるのに

            商品を見て シンプルやけど なかなか カッコいいなぁっと思ってると
            フォーナインズの営業のヒトが 「一本からでもいいですから 置いてもらえませんか?」。。。と
            普通 新規のブランドを入れる場合 ある程度の本数を仕入れて コーナーを作るのが一般的なのに 「一本からでも。。。」
            その言葉に 最初 ビックリしたけど 立ち上げたばっかりのブランドって そんな感じなんかなぁっと思い
            反対に なんか 応援してあげたいような気持ちになりました
            でも そんな出逢いがあって 今があるんですけどね

            私も もちろんフォーナインを所有してますが 特にスポーツする時は 必ず フォーナインです
            やっぱり 他のモノに比べて 軽くて 掛けゴコチが いいですね